薬物検査

薬物検査の受診には、抵抗のある方も多いのではないでしょうか?

薬物検査についてはただいま作成中です。
当院では薬物検査も行っています。
企業向けでなく、個人での検査も可能になります。
気にある方は直接お問合せください。

「どんなことをされるのか不安だし、痛い検査があったらどうしよう…」「プライベートなことまでいろいろ聞かれるのはイヤ!」などなど、受診が躊躇われる理由を挙げていくとキリがありません。
そんな皆さんの憂鬱を払拭し、少しでも背中を押す手助けになれればと思い、基本的な受診の流れや注意点をまとめてみました。

Doクリニックは受診の際、予約は不要です。
お時間のあるときにでも直接来ていただければ結構なのですが、もしも気になる点、事前にお聞きになりたい事などございましたら、お気軽にお問い合わせください。お電話とメールにて承ります。

薬物検査について

近年、危険ドラッグの問題や、著名人の覚せい剤事犯など、薬物犯罪は
社会問題となっています。一部では、社員の安全を守るために、同意のもと
薬物検査を実施している企業もあります。
当院でも安心安全な社会づくりに貢献するために、薬物検査を実施しています。
個人、企業に係らず受診できますのでご相談ください。

当院では以下の薬物検査を行うことができます
  • 覚せい剤
  • 大麻
  • コカイン系麻薬

1.ご来院

受付にお声かけください。
※当院の薬物検査は予約不要です。

矢印

2.受診表記入

当院スタッフより受診表をお渡しさせていただきますので記載をお願いします。

矢印

3.採尿

トイレにて採尿してください。
随時尿で問題ありませんが、量が少なすぎると検査が出来ない可能性がありますので、ご注意ください。

矢印

4.検査結果

当院の報告書にて結果を報告いたします。
併せて、先生との問診がありますので、わからないことは何でも聞いてください。

薬物検査の基礎知識

より正確な診断のために

受付の際の注意点

初めての方にはまず診察カードをお作りします。
ご住所・ご連絡先を専用の用紙にご記入いただき、保険証のご確認をさせていただいております。
当クリニックでは適正な保険請求を行うため、毎月初めの受診日には保険証のご提示をお願い致しております。何卒皆さまのご協力の程、よろしくお願い申し上げます。また、保険証の切り替えや負担割合の変更があった場合など、受付までお知らせください。

採尿の際の注意点

検査は、尿で検査をすることになります。専用の容器をお渡ししますので、お手洗いで採尿いただき、専用の小窓からご提出ください。ここまで終わられたら一旦ご退室いただき、少しの間お待ちいただきます。
直前にトイレに行ってしまっていると、なかなか出ずに苦労するかもしれませんから、なるべくはトイレに行かずに受診するようにしましょう。

検査結果について

本検査は、簡易スクリーニング検査のため、より正確 精密な検査をご要望の場合は、ご相談ください。 万が一、本検査で陽性が出た場合は、精密検査を お勧めいたします。 ただし、精密検査を実施する場合は、別途、検査料が かかります。

当院では薬物検査に関する事前相談も承っております。
個人でも企業でも、お気軽にご相談ください。

  • 通所介護施設
  • 訪問診療
  • 薬物検査