育毛

男性・女性それぞれの症状に合わせ、治療計画を立て治療を進めていきます。

育毛

【AGA(男性型脱毛症)とは?】
AGA「Androgenetic Alopecia」とは「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」と呼ばれています。
主に頭頂部の毛が薄くなったり生え際が後退していく進行性のある疾患で、成人の日本人男性に多くみられる脱毛タイプです。
日本では薄毛に悩む人が1000万人といわれており、薄毛で悩む男性のほとんどがAGAであると考えられています。

【AGAの主な原因】
AGAの主な原因は「遺伝」とそれに伴う「男性ホルモン」(テストステロン)が影響しているといわれています。
テストステロンは還元酵素である5αリダクターゼⅡ型によって悪玉脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)という成分に変換され、毛乳頭細胞にある受容体と結合することで、髪の毛の成長を抑制し、細く抜けやすい状態となってしまいます。
ヒゲなどの体毛を濃くする働きはあるが、頭髪を萎縮させる力が通常の男性ホルモンの10~100倍と言われています。
還元酵素の5αリダクターゼⅡ型の量が多ければ多い人ほどテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されやすいため、AGAになりやすい傾向にあります。
このDHT(ジヒドロテストステロン)の影響によって、髪の毛の成長期が短くなり、ヘアサイクルの乱れが起こり、抜け毛・薄毛の症状となってしまいます。
また、環境による影響もあります。
ストレスによる影響として、自律神経の異常を伴い、血液の流れが悪くなり、頭皮へ十分な栄養を送れなくなったり、不眠症によって毛髪の成長サイクルを乱すなど、影響は多岐に渡ります。
偏った食生活や、過度の飲酒・喫煙、運動不足などのいわゆる不健康等と言われる生活習慣も薄毛の原因のひとつです。
不規則な生活をすることで、毛髪の成長サイクルを乱し、AGAの進行を促進させることになりかねません。

フィナステリドとは・・・

フィナステリドとは、現在日本国内で唯一認可されているAGAの治療内服薬に含まれる成分です。
フィナステリドは、テストステロンをDHTに変換するⅡ型5αリダクターゼの働きを阻害することで頭皮の毛乳頭細胞内でのDHTの増加を防ぎ、脱毛を抑制する働きを持っています。
また、フィナステリドの感受性は、AR遺伝子のCAGリピート数の大小により、個人差が生じると言われており、AR遺伝子検査がフィナステリド投与の診断基準のひとつになることが研究の結果示唆されています。

【AGAと遺伝の関係性】
いわゆる「薄毛は遺伝する」というのは正確な表現ではありません。AGAの原因には遺伝的要素も大きいと考えるのが妥当なものの、これもやはり男性ホルモンなどのバランスが親から子へと遺伝するためであり、「薄毛が遺伝」しているわけではなく結果として、AGAを引き起こす5αリダクターゼⅡ型が活発に働く体質だったり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成量が多い体質だったりというように因果が遺伝してしまっているに過ぎません。とはいっても母親が薄毛の場合は3/4の確率で、父親がAGAなどで薄毛の場合は1/2の確率で子どもが薄毛になるというデータもあり、このデータからもAGAには遺伝的要素があることは明確なのかもしれません。

【薄毛の進行は98%止めることができる!!ミノキシジルと併用で年相応の髪に戻ることも!!】
早めの処置として、フィナステリドを使用するというもの。
このフィナステリドは男性ホルモンによる脱毛作用を抑制するもので、発毛に直接作用する薬ではありませんが抜け毛の促進を進行させないようにする働きがあります。
また、フィナステリドだけでなく、育毛効果があるとされているミノキシジルを併用することで既に進行してしまっている髪の量を年相応の状態までもどすことも可能ということです。
つまり、抜け毛を防止する薬フィナステリドと生やす薬ミノキシジルを併用するという治療方法です。

当院での薄毛治療

TV、CMなどの影響でフィナステリド(プロペシア)のみを処方する施設は確実に増加しました。しかし、フィナステリド単体での処方だけでは治療効果を発揮するには限界があります。
当院では、フィナステリド×ミノキシジルの処方をおこなっておりますので高い発毛効果が得られます。
頭皮に直接成長因子を注射するメソセラピーや、ご自宅での治療としてFDAから唯一、医学的育毛効果の承認を受けているレーザーブラシもお勧めです。
カウンセリング、ご相談は無料です。お気軽に当院までお越しくださいませ。

[Mesoスカルプ]注射によるメソセラピー

成長因子複合体(IGF-1、bFGF、VEGF)、CoQ10、ヒアルロン酸など育毛・毛髪再生作用に有効な成分を総合的に配合した育毛剤を極細の針で直接頭皮へ注入していきます。
直接頭皮へ注入していくので、確実に毛乳頭へ有効成分を届けることができます。

【適応症状】
■ホルモン性または遺伝性の脱毛
■ストレス、疲労または妊娠に関連した脱毛
■毛髪の老化および乾燥

【使用育毛剤】
脱毛予防、毛髪再生作用、育毛に有効な成分を総合的に配合。配合成分の相乗効果により効果を最大限に発揮します。
毛周期における毛の成長に必要な栄養素を毛母体に補給。また毛包の血流を刺激することにより 育毛を促進、成長因子複合体により細胞の再生を促します。

配合成分

成長因子複合体(IGF-1,bFGF,VEGF):発毛の促進

  • IGF-1(インスリン様成長因子):毛髪を強化し、毛包を刺激して健康な髪を育てます。
  • bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子):頭皮の血流を促進し、毛包を活性化させます。
  • VEGF(血管内皮細胞増殖因子):毛包に栄養を与える新生血管の形成を促進します。

CoQ10:血流の促進

  • 抗酸化作用があり、血管の酸化を防ぎ血行を促進します。
  • 丈夫な毛髪を育ててその再生を促進します。

ヒアルロン酸:強力な水分補給

  • 頭皮の水分量を増加させ、余分な皮脂量を減らし発毛育毛環境を整えます。

コッパー(銅)ペプチド:抗脱毛作用

  • ダメージを受けた細胞を的確に修復することができます。コラーゲン再生 能力に優れているだけでなく、毛乳頭にコッパーペプチド補充することで、髪を丈夫にして抜け毛・薄毛を解消します。

[スーパーブラッカー]ホームケア用 内服薬・外用薬

病院処方の発毛剤!
外用薬『リキッド』と内服薬『タブレット』のダブル効果で、早期効果を実現します。

【男性用】
発毛率98%の病院処方の発毛剤です。
日本人の成人男性薄毛率は、現在25%を超えており、薄毛で悩みを持っている成人は1240万人以上と推定されていますが、その約90%以上が男性型脱毛症(壮年性脱毛症)であると報告されています。
そんな多くの方が悩みを抱える薄毛を改善するために、驚異の発毛率を誇る病院処方の発毛剤が誕生しました。
アメリカFDAが認可している男性型脱毛症に効果的な二種類の医薬品とビタミン、ミネラル、アミノ酸等を配合したリキッドタイプの外用薬とタブレットタイプの内服薬です。

【女性用】
ミノキシジル3%含有のリキッドと発毛に必要なアミノ酸、女性ホルモン(エストロゲン)様作用のあるプエラリアミリフィカ、スピロノラクトン等を配合したカプセルで育毛を促進。
リキッド(外用薬)とカプセル(内服薬)のダブル効果でハリ・コシのある美しい髪へ短期間で導きます。

[レーザーブラックマックス]レーザーによる導入

FDA(米国食品医薬品局)から、唯一医学的育毛効果の承認を受けているレーザーを使用して、毛髪の回復・修復・再生を促進させる成長因子複合体を含む特殊な育毛剤を頭皮の深部へ直接浸透させます。

【使用育毛剤】
毛髪の回復・修復・再生に働きかける成長因子複合体を最大限に効果が発揮できるようにブレンドした薬剤を使用して、毛包の健康状態や正常な毛周期を回復させます。男女を問わず薄毛や脱毛の治療に有効です。

配合成分

ヒト線維芽細胞馴化培地:回復・修復・再生

  • bFGF(塩基性繊維芽細胞成長因子)
  • Chaperone proteinn(シャペロンたんぱく質)
  • GM-CSF(顆粒球マクロファージコロニー刺激因子)
  • HGF(肝細胞成長因子)
  • IGF-1
  • IL-6 インターロイキン
  • IL-7 インターロイキン
  • IL-8 インターロイキン
  • KGF(ケラチン生成細胞成長因子)
  • Matrix Protein(基質たんぱく質)
  • PDGF-AA(血小板由来成長因子)
  • TGF-β3(トランスフォーミング成長因子)
  • VEGF(血管内皮成長因子)

※GF(Growth Factor グロースファクター)とは成長因子のこと成長因子は細胞の増殖や分化を促進するたんぱく質の総称です。
18~24歳をピークに加齢とともに失われてしまい、成長因子が減少すると細胞の再生能力が衰え老化が進みます。

 

ハニーサックルエキス:防腐剤・保護剤
細胞障害を防御し、血管のホメオスアシスをサポートします。

1,2-ヘキサンジオール:保湿剤、抗酸化、バイオフラボノイド

  • フリーラジカルを中和するのに有効な抗酸化物質です。
  • 抗炎症作用、抗ウイルス作用、血管拡張(血管平骨筋を弛緩させる)作用を有するバイオフラボノイドです。
  • 通所介護施設
  • 訪問診療
  • 薬物検査