シミ・肝斑

シミやくすみを解消し、白くなめらかで美しい肌へ

日光性色素斑、ソバカス、肝斑、表在性色素疾患や真皮メラノサイトーシス(ADM)、深在性色素疾患など、シミやくすみの種類を正確に診断し、最適な治療方法で白い肌を取り戻します。

シミ治療法

シミとは

シミのできる原因は、紫外線など外的要因によるものとホルモンバランスの崩れや睡眠不足など内的要因によるものがあります。
シミのできる原因は様々ですが、その大半は紫外線によるものです。
健康な皮膚は、紫外線を浴びると紫外線から皮膚の細胞を守ろうとする防御機能が働き、基底層にあるメラノサイトという細胞でメラニンという黒い色素を作り、紫外線の刺激から組織を守ろうとします。
メラニンは紫外線を防ぐフィルターの役目をおこなっていて、細胞の遺伝子破壊を防ぐ役割をしています。
通常、メラニンを含む表皮細胞は皮膚のターンオーバーにより、新しく作られる皮膚細胞に押し上げられ、自然に剥がれ落ちていきますが、紫外線の影響や皮膚の老化などにより、ダメージを受けすぎてしまうとメラノサイトの性質が変わってしまったり増えてしまい、メラニンが過剰に作られてしまいます。
そうなるとメラニンの生成と排出のバランスが崩れてしまい、メラニンが上手く剥がれ落ちることができず、1箇所にメラニンが蓄積して塊となり、シミとなって残ってしまうのです。

また、紫外線の他にも加齢による代謝力の低下や、にきび痕や傷痕、皮膚を強く擦ったりすることも刺激となりシミの原因となります。

シミには肝斑の他に、老人性(日光性)色素斑、雀卵斑(そばかす)、扁平母斑などの表在性色素疾患や真皮メラノサイトーシス(ADM)、太田母斑や異所性/持続性蒙古斑などの深在性色素疾患があります。
シミの種類により治療方法も異なってきます。

eMax フォトRFオーロラ(SR)による治療

光エネルギー(IPL)で表皮にあるメラニンの塊にダメージを与え小さく分解し、高周波(RF)が真皮層に熱エネルギーを届けてコラーゲンを活性化します。小さく分解されたメラニンは、ターンオーバーの促進により排出されていきます。シミやくすみの解消だけでなく、肌全体をレベルアップさせる施術です。

【シミ・くすみ】
「光エネルギー(IPL)」と「高周波エネルギー(RF)」をダブルで照射していきます。
光エネルギー(IPL)が表皮にあるメラニンの塊にダメージを与え小さく分解、同時に高周波(RF)が肌の奥の真皮層にまで熱エネルギーを届け、コラーゲンを活性化し、お肌にハリや弾力を与えます。
肌のターンオーバーも促され、小さく分解されたメラニンを排出していきます。
お肌にハリを与え、小じわの改善、毛穴の開き、赤ら顔の改善にも力を発揮するので、肌全体をレベルアップしながらシミ・くすみを改善していきます。
治療回数の目安は症状肌質により個人差がありますが4回~6回が一般的です。

治療の流れ

① 照射部位を洗顔等で清潔にします。(お化粧をしている場合、お化粧を落として頂きます。)
 ↓
② 照射部位の剃毛をします。(産毛は剃毛の必要なし)
 ↓
③ 照射部位にジェルを塗布します。強い痛みは無いため、通常は麻酔の必要がありませんが、痛みに弱い方や不安な方は医師にご相談下さい。
 ↓
④ 治療開始
 ↓
⑤ モイスチャーリフトマスク(約10分)

治療後の注意
  • 肌の奥に蓄熱させるため、治療中や治療後に赤みやほてり感を来すことがありますが、数時間以内に治まります。治療後のメイクも可能です。
  • 当日の入浴やシャワーは可能ですが、極端に熱いお湯やサウナ等は避けて下さい。
  • 老人性(日光性)色素斑など表在性のシミは施術後一時的に色が濃くなり、薄い瘡蓋となります。
  • 通常1週間~10日前後で瘡蓋が自然に剥がれ落ちます。
  • 特別な日常生活の制限はありませんが、術後はしっかりと保湿し、6ヶ月程度はサンスクリーン等を使用して紫外線対策をして下さい。
このような方は治療を受けられない場合がございます
  • 光過敏症の方
  • HIV陽性の方
  • 心臓疾患を有する方
  • 衰弱の激しい方
  • ケロイドのある方
  • 肝斑を有するもの
  • 金属プレートを入れている方
  • 悪性腫瘍、またはその疑いのある方
  • 妊娠中、またはその疑いのある方
  • 出血性疾患を有する方
  • 強い日焼けをしている方や人工的に皮膚を着色している(刺青等)方
  • 治療部位に傷痕や化膿がある方
  • ペースメーカーや埋め込み式除細動器を入れている方

MedLite C6 QスイッチYAGレーザーによる治療(レーザートーニング)

気になる部分にある色素の種類や深さに合わせてレーザーでシミを除去します。表在性色素疾患と深在性色素疾患では、波長を変えてそれぞれに適切な施術を行う必要があるため、事前にシミの種類を正しく診断し、余計な肌トラブルを防ぎます。肝斑には禁忌とされてきたレーザー治療ですが、フラットに照射できるメドライトによるレーザートーニングは効果的かつ確実に肝斑治療できる画期的な施術です。開いた毛穴やくすみにも効果があります。

【シミ】
色素の種類や深さに合わせ、気になる部分のみにレーザーを照射して除去していきます。

<表在性色素疾患>
皮膚の浅い部分にある表在性色素斑に対しては、主に532nmの波長のレーザーを用い、照射直後に患部が白色を呈する最低の照射出力を選択して照射します。照射出力が強すぎると紫斑を生じたり、術後に色素沈着や色素脱失を生じる可能性があります。また、出力が弱すぎても炎症を引き起こしメラノサイトを活性化して炎症性色素沈着を生じさせる可能性があります。病変部が隙間なく白く塗りつぶされるように照射していきます。
表在性色素疾患の中には、レーザー照射によって悪化したり、再発したりするものがあるので、事前の診断に注意が必要です。

<深在性色素疾患>
真皮メラノサイトーシスの治療には選択性光熱融解の理論に基づき、パルス幅がナノ秒単位という非常に短い時間のQスイッチレーザーが必要です。
その波長は皮膚の深部へ到達する効果の高い、長波長のレーザー光を使用します。メラニンへの吸収は波長が長くなるにつれ少なくなるものの深在性色病変においては、このことが副作用軽減と効果増強につながります。
確実な診断にもとづく、適切な治療の選択ができるクリニックをお選び下さい。

当院ではシミの種類が何かを的確に診断し、その後、治療計画をご説明してから治療を始めます。

治療の流れ

① 照射部位を清潔にします。(お化粧をしている場合、病変部位のみお化粧を落として頂きます。)
 ↓
② 照射部位の産毛・ひげを剃毛します。
 ↓
③ 病変部の大きさにもよりますが、通常は麻酔なしでも痛みはほとんど感じませんが、ご希望によりクーリングやテープによる麻酔を行います。
 ↓
④ 治療開始 ※病変部位にレーザーを照射していきます。

治療後の注意
  • 治療は数分で終わります。治療後、軟膏を塗布し保護テープを貼って帰宅。
  • 一般的に当日は入浴を控えて下さい。患部の入浴・洗顔は表皮化するまで(治療後1週間から10日間)は、テープ等で密閉保護して、患部を濡らさないように気をつけて入浴・洗顔を行って下さい。
  • 患部は一時的に色が濃くなったり、瘡蓋になったりします。
  • 10日前後で濃くなった表皮や瘡蓋が取れます。その間、指示された軟膏塗布とテープ保護を行って頂きます。
  • 患部を直射日光に当てたり、物理的な刺激を与えないようにして下さい。
  • 表皮化後、6ヶ月程度はサンスクリーン等を使用して紫外線対策をして下さい。
このような方は治療を受けられない場合がございます

【治療が受けられない場合がある方】

    • 日焼けをしている方
    • 妊娠中、授乳中、経口避妊薬を内服している方
    • 創傷治癒に問題がある方
    • 刺激性が高い皮膚状態の方(蕁麻疹・アトピー・アレルギーなどを含む)
    • ホルモン補充療法を行っている方
    • 抗凝血剤を服用されている方(バイアスピリン、ワーファリン)

また、以下の方または部位は治療が受けられないので予めご了承下さい。

【治療が受けられない方または部位】

  • 金製剤の服用歴がある方
  • 光感受性が強い方、または光感受性を増強させる薬剤を服用されている方
  • 治療部位に金の糸を入れている方
  • 肌色・白色の刺青を入れている部位

 

肝斑治療方法

そのシミ、肝斑かもしれません。
あきらめている肝斑、レーザー治療で治せます。

肝斑とは

一般的に、30 ~ 40 代のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。
肝斑はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでしまうことも・・・。
肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。
次のステップの有効な治療法もなく、肝斑だから・・、と諦めている方も多いのではないでしょうか?

肝斑の新しい治療法"レーザートーニング"が登場!

"レーザートーニング"とは、QスイッチYAGレーザー「MedLite C6)」による肝斑の新しい治療法です。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法としてメドライトによるレーザートーニングは非常に注目されています。
肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

症状

  • 肝斑
  • 毛穴
  • くすみ
  • シミ

"レーザートーニング"・・・肝斑治療を可能にする理由

 
  • 1.均一な照射

    "レーザートーニング"でもっとも重要なのは、レーザーが照射される形です。
    通常、レーザーを照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーが一番高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。しかしパワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器は肝斑治療に適していませんでした。
    「MedLite C6」ならレーザーがフラットに照射され(トップハット型)、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的で確実な"レーザートーニング"による肝斑治療が可能になったのです。

     

  • 2.弱いパワーでの照射

    肝斑は、ホルモンバランスの崩れなどの原因によって何らかの作用で常に炎症が続き、その結果メラニンをどんどん作りだす「炎症性の色素沈着」を起こしている状態といわれています。
    炎症を起こさせないくらいの弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。

Q&A

Q

痛みはありますか?

A

痛みの感じ方には個人差がありますが、パチパチと輪ゴムではじく程度の痛みがあります。

Q

治療回数は?

A

週に1 回、計5~10回の治療をおすすめしています。

Q

注意することはありますか?

A

保湿を心がけ、日中は日焼け止めを塗るなどして、日焼けをしないよう注意してください。
こすったりさわったりするのも刺激になりますので、避けてください。治療直後からメイクが可能で、入浴もできます。

 [MedLite C6]QスイッチYAGレーザーによる治療(レーザートーニング)

治療の流れ

① 数回に分けて治療をしていきますので、治療日程を計画して日程を決めていきます。
 ↓

② 照射部位を清潔にします。洗顔をして頂き、照射部位に化粧残りや汚れがないか確認します。
 ↓

③ 照射部位にうぶ毛・ひげがあれば剃毛します。
 ↓

④ 治療開始。レーザーを照射していきます。

治療後の注意
  • 治療は数分で終わります。治療後、軟膏を塗布し保護テープを貼って帰宅。治療後、軽い赤みが出ることがありますが、通常は数時間で治まります。治療後のメイクも可能です。
  •  当日の入浴やシャワーは可能ですが、擦ったり触ったりすると刺激になりますので、患部は擦らずに優しく洗浄するようにして下さい。
  • 治療後は、肌が乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿をして下さい。
  • 日焼け止めや帽子などで紫外線対策をして下さい。
  • まれに、点状出血や一時的な膨瘤疹の発生、そう痒感が出る場合がありますが、7日以内に消失します。また、必要であればクリームや軟膏を処方しますので医師にご相談下さい。

ミルクピール

『グリコール酸』『乳酸』『サリチル酸』の3種類の酸を独自の割合で配合したミルクピール(Milk Peel Treatment)という薬剤を使った新しいピーリングです。蓄積した古い角質や汚れを取り除き、肌のターンオーバーを正常化するとともに肌質を改善します。フランス生まれのミルクピールは、肌の色調を均一化させ、艶のある美肌へと導きます。イオン導入などと組み合わせることで、より高い美肌効果を実感できます。

フランス発の注目のミルクピール。
とにかく簡単に、ピカピカの艶肌になれる!韓国でも大流行しています。
何回レーザーをやってもあの艶はなかなか作れないという効果です。
ミルクピールとは、【ミルクピール(Milk Peel Treatment)】という薬剤を使用したピーリング治療です。
蓄積した古い角質や汚れを取り除いて、肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常化・肌質を改善することが目的です。
従来のピーリングでは1種類のピーリング剤で施術を行っていましたが、ミルクピールは『グリコース酸』『乳酸』『サリチル酸』の3種類の酸を独自の割合で配合した薬剤による、新しいピーリングです。

効果

  • 肌に輝きがでる
  • オイリー肌や開いた毛穴の改善
  • 小じわやシワの改善
  • 肌の色調の均一化
  • いつもの化粧品の浸透がよくなる
グリコール酸

グリコース酸はサトウキビやブドウなどから抽出されたフルーツ酸です。
分子が小さいので皮膚の奥深くに浸透し、組織の働きを活性化させます。
主な働きは角質の除去(剥離)となり、不要な組織を取り除くことで肌質が改善します。
また、保湿にかかわる有効成分だといわれており、ヒアルロン酸の生成を促し、角質層の保湿効果を向上させます。

乳酸

乳酸は保湿とpHの調整に使用されると同時に、その抗菌性や脱色性、保湿効果が美容領域で活用されています。
また、チロシナーゼを抑制することで脱色を促します。

サリチル酸

サリチル酸は不要な皮膚組織、角質を取り除くのに非常に効果的で、乳酸を皮膚の深部まで浸透させるのを助けます。

  • 通所介護施設
  • 訪問診療
  • 薬物検査